20190717

勝ち逃げ(された)

これまでにも言及してきた「HbA1cをちょっと悪化させて超速効型インスリン処方してもらおう作戦」(別名「糖質制限生活辛いです作戦」)が、ものの見事に失敗に終わった。

A1cを悪化させたにも関わらず主治医の方針が変わらなかった……わけではなく、HbA1cの数値自体が前回・前々回の検査時と同じ6.8%だった。変化していないのである。

これでは勝負にならない。「もう基礎インスリンだけじゃ血糖コントロールできねぇ!」と言うつもりだったが、数値が変わっていない以上は何も言えない。対決する前にこっちが自滅したに等しい。私の不戦敗、報酬はトレシーバ(基礎インスリン)のみ。

そして、こちらが敗北を悟ったところで、医師から追撃の一言。
「来月からこの病院で1型の患者を診られないので、次回から別の病院行ってね。紹介状書くけどどこがいい?」

どうやらこの医師が別のところで開業するらしく、そうするとこの病院に常勤の糖尿病専門医がいなくなり、2型はともかく1型の診察が難しくなるようだ。割と大規模な総合病院なのにそのような事態が起こるものなのか。

というわけで、もうこの医師から超速効型インスリンを得ることはできなくなった。私は診察のたびに負け続けたと言ってよいだろう。見事な勝ち逃げである。いや、別にこの方を恨んではいない。指示されてもいないのに勝手にヒィヒィ言いながら糖質制限しているのはこっちの判断なのだから。

開業先がうまくいくことを祈る限りだ。

20190715

マリンフード ミルクを食べる クリームチーズ風味 オレンジピール入り

マリンフードのデザート系ベビーチーズ(オレンジピール入り)。商品名を見る限り「ミルクを食べる」という動詞句がシリーズ名のようで、「ミルクを食べる~~チーズ」ではないらしい。
他社のスイーツ系製品と比べるとかなり甘さが抑えられている。レアチーズケーキ志向の他社に対して、これはあくまでクリームチーズだということだろう。オレンジピールのわずかな苦みも感じられるレベルのため、甘さ控えめ志向の人にはちょうどよいかもしれない。ただし、糖質自体は1個2g強とそれなり。

20190712

1型糖尿病の患者数

日本に1型糖尿病の人がどれぐらいいるか、あまり明確に認識していなかったことに気が付いた。「少し珍しい病気」ぐらいの感覚でいたが、もしかするとさして珍しくないのかもしれない。というわけで情報収集。


日本国内のトータルとしてはこの記事(※1)の情報が妥当だろう。2014~2017年頃の推計にして約10~14万人。日本の人口からすると概ね1000人に1人ぐらいか。


取り違えてはいけないのが年間発症率。同じ記事(※1)に情報があるが、10万人あたりの推計として2.25。これは、1年間で10万人あたり2.25人が新しく1型糖尿病を発症する、ということ(この場合は2005~2012年の小児における推計)。「10万人に1~2人」というのはこの新規発症の数値であって、1型糖尿病であることの数値ではない。


ちなみに、糖尿病全体の患者数はこっちの記事(※2)にあるように328.9万人。そうすると糖尿病患者全体のうち、1型の患者は3~4%程度。糖尿病患者のうち約25人に1人ということになる。


※1
「日本の1型糖尿病の患者数は10〜14万人 支援とケアが必要 厚労省研究班」(糖尿病ネットワーク、2018年10月19日付)
大本のソースは厚生労働省の科学研究費補助金による
「1型糖尿病の実態調査、客観的診断基準、日常生活・社会生活に着目した重症度評価の作成に関する研究」
「1型糖尿病の疫学と生活実態に関する調査研究」

※2
「糖尿病の通院患者数が過去最多の328万人超に 【2017年患者調査】」(糖尿病ネットワーク、2019年3月11日付)
大本のソースは厚生労働省による
「平成29年患者調査」

20190709

Big-A ベビーチーズ(アーモンド入り)

Big-AのPBシリーズ、アーモンド入りベビチ。シールのデザインがひたすらシンプル。ボックスストア(商品を箱から出さずにそのまま並べるスタイルの店)であるBig-Aならではの質実剛健さか?
同じくヨシダコーポレーション製であるヤオコーのものと見比べていると、台紙部分がほぼ同じ内容・デザインであることに気が付いた。違いといえば「B-Cheese」と書かれているか「Yes! YAOKO」と書かれているかぐらいか。いささか手抜き感を感じざるを得ない。
ちなみに栄養成分表示を担当している一般財団法人食品分析開発センターSUNATECは三重県四日市にあるそうな。食しての感想が特にない(だって普通なんだもの)のでこんな情報を紹介する始末。

20190706

りーふ

少し前になるが、アジサイで有名なスポットに行った時の写真。


これでもか、と咲き誇る連中の中で、明らかに咲き誇っていない奴がいた。花束一つだけ。しかも地面スレスレに。

こうして見ると、アジサイは葉も美しい。緑の光とはこういうことか。

閲覧数の多いもの