20181031

2018年10月まとめ

今月は診察がなかったので血液検査の結果もなし。先月末からインスリンを増量(トレシーバ6単位→8単位)したので、多少、血糖値は落ち着いているような気がしなくもない。リブレの数値も昨月よりはマシになっている。

ただし、月の前半と後半でかなり差があるのが不思議なところ。
これが上旬の1週間。
こっちは下旬の1週間。
インスリン量(トレシーバ8単位のみ)も食生活(不本意な糖質制限―1日糖質100g程度)もほぼ同じはず。違いはリブレのセンサー個体とその取り付け位置のみ。ただ、どちらかの精度が極端に悪い、ということではないようで、上旬も下旬もSMBGとの誤差はそれほど大きくなかった。謎は深まるばかりである。

なお、糖内(糖尿病・内分泌科)は受診していないが、眼科は受診した。網膜症は未発症。ただ、診察中に「緑内障の人と同じような特徴があるので、もうちょっと調べるね」と言われて不安になる。結果的に問題なしと言われたけれども(視神経乳頭が大きいが病的なものではないそうな)。

むしろ身体面で悪化しているのは進行性指掌角皮症のほうか。
右手の親指(グロいので注意)
ついつい剥いてしまうのが最大の原因なのだが、剥くのを必死で我慢していたのに自ずから剥けてくる時もある。尿素入りローションを使うと一時的に滑らかになるが、また徐々に角化してくる始末。これ以上、範囲が広がるようなら皮膚科行くかね。

20181028

『見上げると君は』

小堀真『見上げると君は』(講談社)の1巻が出ていたので購入。カワイイ男子高生の優希くんとカッコイイ女子高生の高峯さんの、いわゆる青春的なお話だが、作品全体に漂う雰囲気がなかなかよい。

「恋じゃなくてきせきなんだ」とは主人公のセリフ。同じようなキャッチが単行本の帯にも書いてある。そのとおりに二人の関係を描くことができれば、単なる青春恋愛漫画では終わらない作品になるように思える。作品そのものがどこに向かっていくのか、とても気になる漫画。

20181027

TOPVALUベビーチーズ ブラックペッパー入り

イオンのPB、TOPVALUのブラックペッパー入り。例によって写真撮影に失敗(斜めになっている上に水滴が付いている)しているが他意はない。
製造元のマリンフードからもブラックペッパー入りが出ているが、私はまだお目にかかったことがない。しかしドンキのPBもマリンフード製造なので、そちらで既に入手済み、という訳のわからない状況(全く同じものかは分からないけれども)。なお、「製品中の黒い粒はブラックペッパーです。」という注意書きが書いてあるのが何ともシュールで切ない。

明治北海道十勝スマートチーズうまみ濃厚チェダーブレンド

明治は「スマートチーズ」と称しているが、一片ごとにアルミ包装されたプロセスチーズなのだから、ベビーチーズと見なしてもよいだろう。全体がビニール包装ではなく紙箱入りなのも他のベビーチーズとは異なる(これで8個入り)。
1個11.3gと、雪印のもの(12g)よりもさらに小さい。小さいから「スマート」なのだろうか。風味濃いめで、口の中でほどけていく独特の食感。基本的には6Pのこれと同じだと思われる。1個1個が軽いので、6Pのほうだと「粉っぽい」と感じる人でも、こっちなら気にならないかもしれない。

20181025

KRAFTモッツァレラチーズ6P

日本では森永乳業が展開するKRAFTのモッツァレラタイプ。写真には思いっきり影が入ってしまっているが、パッケージの色味がなかなか渋い。
パッケージ表面に書いてあるように「モッツァレラチーズ65%以上使用」ということで、フレッシュチーズっぽい味ではあるが、それよりも特徴的だと感じたのは「ほんのりミルクの味わい」のほう。生乳の風味がするおかげで、ちょっとクリームチーズっぽくもある。「チーズです」という主張が薄めで、その分だけ食べやすいチーズと言えるかも。

20181021

ばら薔薇バラ

縁もゆかりもない伊奈町(埼玉県)のバラ園(町制施行記念公園)にフラリと。バラどころか園芸に興味を持ったこともなかったのだが、なぜか足を延ばしてしまった。

「イングリッシュ・ローズ」ということばの意味とか、バラはある品種を境にしてオールド・ローズとモダン・ローズに分けられるとか、品種名が沢山あってカオスだとか、新しい知識をたくさん仕入れることができた。

興味のないところに行ったり、興味のないことをやったほうが楽しいのかもしれないね。


なお、伊奈町は「町」なのに人口4万人超えで、今なお人口増加中のベッドタウン。(全く違う地方だけど)開発が進むベッドタウンで少年時代を過ごした私にとっては、妙な親近感やノスタルジーを感じてしまう素敵な町だった。

20181020

自由であることの痕跡

3日ほど前にFreeStyle Libre(フリースタイルリブレ)の20個目のセンサーを装着。ここのところ、SMBGよりも高めの数値が出ることが多かったが、今回のセンサー交換後は低めに出ることのほうが多い気がする。
リブレの数値が高めに出ればそれはそれで気になるし、低めに出れば「本当はもっと高血糖なのでは」と気になってしまう。もっと都合よく考えられるようになりたい。

さて、リブレのセンサーは1個で2週間。今回が20個目なので39週目に突入したということになる。幸いなことにセンサーそのものに大きなトラブルは出ていない。
・途中で外れた:0個
・途中で計測不能になった:0個
・取り付け時に出血した:2個
ってなもので、出血したものも普通に使用可能だったため、どのセンサーも天寿を全うした。肌に合わないということもなく、炎症を起こしたりもしていないので、この点では本当に運が良い。なんだ、俺ってラッキーマンだったのか。

なお、私の場合、センサーは右腕→左腕→右腕…と交互に取り付けている。今、右腕上腕部を見てみると、センサーの痕跡(フィラメントが刺さっていた痕)が5個ほどあるようだ。単純計算すると5個前のセンサーは20週間前のものなので、逆に言うと痕跡が消えるにはそれぐらいの時間が必要だということになる。あくまで、私の皮膚においては、だけれども。

20181017

プレジデント マイチーズスイーツ マンゴー

プレーンストロベリーときてなぜかマンゴーというプレジデント&マリンフードの共同開発商品。
商品名はプレジデントと付くが、実際はマリンフード製品と見ていい気がする。ただ、KRAFTと森永のように、KRAFTレーベルのチーズを森永が作って売る、という関係に至っているわけではないようなのでややこしい。プレジデントのチーズは東京デーリーあたりが輸入して販売しているようだし。

他の2つ同じく甘さ控えめ。マンゴー風味のほんのり甘いクリームチーズ……しかし、マンゴーはやや癖のあるフレーバーなだけに、もう少し甘いほうが食べやすいか。人によってはわずかに苦みを感じるかもしれない。

プレジデント マイチーズスイーツ ストロベリー

プレジデントマリンフードの共同開発商品。なお、マリンフードの自社製品には似たようなものがあるが、そちらにはまだ出会えていないので、類似点あるいは相違点は不明。
プレーンと同じく甘さがかなり控えめで、チーズの風味と苺の風味が甘さに塗りつぶされることなく残っている。また、苺については果肉と種も入っているようで、口の中で種がプチプチする。

プレジデント マイチーズスイーツ プレーン

フランスのラクタリス・グループが展開する乳製品ブランド、プレジデントと日本の乳製品メーカー、マリンフードの共同開発商品。プレジデントのナチュラルチーズを日本のマリンフードが加工しているので、製造元はマリンフードになっている。
位置づけがなんとも曖昧なのか、どちらのサイトにも商品ページはないようで、プレスリリース記事が見つかるのみ。
3個入りで1個あたり12グラムと小ぶり。マリンフード製品らしく個包装にはシールも印刷もない。個人的には冷蔵庫の中で区別つかなくなるので、何か目印ぐらいあってほしいのだが。
商品名には「スイーツ」とあるが、甘さはかなり控えめ。他のデザート系チーズ商品は基本的に「チーズケーキ」だが、これは基本的にチーズの範疇だと言えるかもしれない。ほんのりレモン風味のするちょっと甘めのクリームチーズ。

20181013

しきびだに

先日、友人に連れて行ってもらった四季美谷温泉(徳島県)。うつくC。紅葉はまだだったけれども、ため息を漏らすには十分な美観。やはり物見遊山こそが生命の証だ。

この写真は徳島県道250号。県道だけどほぼ林道状態という、いわゆる険道。私がナビした結果、この道を突撃路にすることになってしまった。実際は写真よりもさらにひどく、落石、落木だらけ。覚悟がなければ通ってはいけない道だったようだ。
地図上で見るとこんな曲がり具合である。人生で20年ぶり2回目の車酔いが発生する有様。ちなみに、四季美谷温泉にはこんな道を通らなくても行ける。

20181009

セブンプレミアム ベビーチーズ ゴルゴンゾーラ入り

セブンプレミアムからゴルゴンゾーラ入りが出ているのを発見。原材料費がかさむのか、ブルーチーズ入りのベビーチーズはこれまでQ・B・Bのアレコレ以外では見かけなかった。トリュフ風味といい、セブンプレミアムはプライベートブランドながらちょっと面白い。製造は他と同じくロルフだが。
包装は抹茶入りと見まごうような緑色。ゴルゴンゾーラの癖の強さを考慮してか、それとも価格的な限界があるのか、ブルーチーズの風味は控えめ(ゴルゴンゾーラチーズパウダー2%とのこと)。
なお、これまでに紹介したロルフ製ベビチは全て西宮プラントのものだったが、これは大和プラントで製造されたもの。事情はよく分からないけれども。

20181006

Q・B・Bやわらか熟成チーズ6P

金色のパッケージと「熟成」の文字が目立つQ・B・Bのやわらか熟成チーズ6P。「熟成させたナチュラルチーズを50%以上使用」だそうだが、熟成ゴーダとは異なり、チーズの種類は書いていない。
高級感を出したいのか個包装も金色だが、小売価格が殊更に高いというわけではないもよう。食感・味はプレーンを濃厚にしてコクを増したものだと考えてよいだろう。「やわらか」というほどには柔らかくはなく、セミハード系。

20181003

FreeStyle Libreの測定値 その2

以前にもupしたがFreeStyle Libre(フリースタイルリブレ)の測定値(間質液からの推定)と毛細血管血液測定値(SMBG)の表をup。方式や注意点などは前に書いたときと全く同じなのだが再掲させてもらう。
  • メーカー公式の添付文書にあるように、リブレの精度は当然、臨床上の対応に問題がないとされる基準を満たしている。
  • そもそも高血糖時、低血糖時はSMBGを併用することが前提になっている。
  • 医療についても統計についても知識を有さない私は、リブレの精度に対して何らかの疑念を表明することはできない。
  • よって以下に晒す数値は、単に「私の場合はこんな感じ」ということを示すに過ぎない。

さて、今回の数値は2018.6~9月、センサー6個、12週間分。「日数」はセンサー交換後の経過日数。リブレ・SMBGはそのまま測定値(mg/dL)。「位置」はセンサー位置(全て上腕裏側)。

日数リブレSMBG位置
1145141左腕
2109125左腕
2254252左腕
6131143左腕
8185211左腕
10118158左腕
12108125左腕
14162196左腕
1125137右腕
3118109右腕
5112121右腕
10115128右腕
1290105右腕
1478114右腕
1120125左腕
3141136左腕
5131127左腕
8183197左腕
10145137左腕
12144134左腕
1122112右腕
3162154右腕
6105102右腕
11126128右腕
13111129右腕
1119126左腕
2148148左腕
49096左腕
7209197左腕
1298104左腕
13127131左腕
1154135右腕
1239188右腕
311199右腕
410396右腕
6136116右腕
7140111右腕
9170150右腕
1010391右腕
日数リブレSMBG位置

何となくだが素人の感想としては、センサーを交換するごとに傾向が変わるように感じる。たとえば上記の表だと、1個目のセンサーは基本的にリブレのほうが低め。表の最後にある6個目のセンサーは常にリブレが高めに出ている。取り付け位置の問題かセンサーの個体差か。あくまでトーシロの邪推でしかないが。

人気の投稿